ニュース, 日本代表

伊東純也、日本代表デビューの北朝鮮戦は「シュートゼロだったので」…中国戦でゴールを狙う

9日にEAFF E-1サッカー選手権の初戦が行われ、日本代表は朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)代表と対戦。試合は1-0で、日本が辛くも勝利を収めた。日本代表デビューを飾った柏レイソルFW伊東純也が、中国戦への意気込みを語った。

初の日本代表戦を「緊張は特になかった」と振り返る伊東。「相手が引いてたので、常に1対2の状況になっていたので難しかったですけど、それでも打開できるようになれれば……」と自身のプレーの説明と改善点を述べた。

北朝鮮戦では途中出場だったが、中国戦ではスタメンの可能性もある。伊東は「(試合の)途中からでも頭から出ても、自分のやることは変わらない」と答え、「ボールを持ったら仕掛けていきたい」と意気込みを語った。

記者から、中国代表も引いて守ると思うか?と質問されると「そうですね。でも、北朝鮮ほど引いて守らないと思う」と答え、「(その分)スキは生まれるかな」と攻撃のイメージを伝える。そして「(北朝鮮戦は)シュートゼロだったので、(中国戦では)シュート打てればいいかな」と話す伊東。得点のイメージは?と記者から質問されると「毎試合ありますよ」と笑顔で答えた。

日本と中国の一戦は12日19時15分にキックオフとなる。